~所見を「読んで」「考える」~

❮Reading❯ ➽ ~所見を「読んで」「考える」~ 臨床医のための腎病理読解ロジック ➶ Author 上野 智敏 – Horror-books.co 腎臓に関わる臨床医が理想的に病理標本を読めるようになるためには正しい用語で所見を描写し、患者の病態や予後について考えることで「ただ見腎臓に関わる臨床医が理想的に病理標本を読めるようになるためには正しい用語で所見を描写し、患者の病態や予後について考えることで「ただ見ていただけ」の読み方から脱却することが必要である本書では臨床医として腎病理の臨床と研究を極めた著者がメカニズムから丁寧にわかりやすく解説した病変の成り立ちから学び所見が意?.

??するものを個々の患者ごとに考える力を身につけることができる一冊 目 次序章 染色の基礎知識と標本を見る手順 標本を「見る」だけでなく「考える」 CHAPTER 1 細胞増殖性病変の見方と考え方 ─「局在」と「基質産生の有無」に着目─ CHAPTER 2 基底膜病変の見方と考え方 ─どの層の病変か─CHAPTER 3 結節性病変・分節性硬化の見方と考え.

~所見を「読んで」「考える」~ mobile 臨床医のための腎病理読解ロジック free ~所見を「読んで」「考える」~ 臨床医のための腎病理読解ロジック PDF/EPUB??するものを個々の患者ごとに考える力を身につけることができる一冊 目 次序章 染色の基礎知識と標本を見る手順 標本を「見る」だけでなく「考える」 CHAPTER 1 細胞増殖性病変の見方と考え方 ─「局在」と「基質産生の有無」に着目─ CHAPTER 2 基底膜病変の見方と考え方 ─どの層の病変か─CHAPTER 3 結節性病変・分節性硬化の見方と考え.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *